【潜在意識の書き換え効果のまとめ】期間・疲れや好転反応、最速のやり方も!

潜在意識と書き換え

こんにちは、潜在意識書き換え師の浅井研次郎です。

私のもとに「潜在意識の書き換えを行っているけど、今一つ実感がない。。。」という質問がよく来ます。

同じような悩みを持つ人も多くいると思いますので、今日は潜在意識を書き換えた効果の中で特に注意してほしい以下の3つのポイント

  • 潜在意識の書き換えの期間は2週間?
  • 潜在意識の書き換えで疲れや好転反応は出るのか?
  • 潜在意識を書き換えた結果、落ち込みが生じたときの対処法

についてお話していきますね☆

スポンサーリンク

潜在意識の書き換え効果3つのポイント

潜在意識の書き換えについてはネットなどを見ると、色々な方法を無料で伝授してくれます。

・・・が、潜在意識の書き換えの効果について正確に書いている人はなかなかいません。

本来潜在意識の書き換えというのは一人でやるものではなく、書き換えを専門とする先生の元でやるのが効果的。

ネットや本の情報をもとに一人でやってみても、本当に書き換えが出来ているのかわかりませんよね。

潜在意識の書き換え効果において疑問を持ちやすい以下の3つのポイント

  • 潜在意識の書き換えの期間は2週間?
  • 潜在意識の書き換えで疲れや好転反応は出るのか?
  • 潜在意識を書き換えた結果、落ち込みが生じたときの対処法

についてまとめてみましたので、ぜひしっかり読んで参考にしてくださいね☆

【書き換えのポイント1】潜在意識の書き換えの期間は2週間?

潜在意識の書き換えの期間は2週間くらいと教えているネットや書籍をよく見ます。

これは必ずしも間違いではないのですが、、、もっと正確にいうと、潜在意識の書き換えに必要な期間は人それぞれなのです。

ですが、実際に潜在意識を書き換える際のスケジュール感としては、

  1. 潜在意識書き換えの事前ワークや予備知識の学習 → 1週間
  2. 潜在意識を書き換えや効果の確認 → 1週間以上

こんな感じでしょうか。

「潜在意識を書き換えや効果の確認」が1週間以上なのは、普段から意識していないとせっかく書き換えた効果がだんだんもとに戻ってしまうからです。

筋トレをして筋肉ムキムキになっても、筋トレを継続していないとせっかく付いた筋肉がどんどん落ちてしまい、元の体に戻ってしまいますよね。

それと一緒で、潜在意識を書き換えて効果が出たとしても、常日頃から意識していないとだんだん元に戻ってしまうのです(恐)

もちろん私もだんだん元に戻った経験があります。

なので、今でも気が付いたときには書き換えの効果を意識するようにしていますね。

・・・とは言え、潜在意識を最速で書き換えたい!!というのが読者の皆さんの願いだと思いますので、「最速期間で潜在意識を書き換えて効果を出す方法」をお伝えしますね☆

最速期間で書き換えて効果を出す方法

この項目では潜在意識の書き換えを最速期間で効果を出す方法についてお話していきます。

具体的な潜在意識の書き換え方法については、私の他の記事を参考にしてくださいね。

最速期間の方法1:理解しようとしない

「理解しようとしない」と言われても「?」だと思いますが、これは意外と重要なことです。

ネット情報であれ書籍の情報であれ、潜在意識の書き換え方法について、自分の頭の中に浮かんだ「なんでそうなるの?」という疑問に対して理解しようとしないことが大切です。

意味が分からないと思いますので、、、他の事例で説明します。

みなさんは誰もが自転車に乗れると思いますが、なぜ自転車をこぐと倒れないで進むことができるのか、ということを説明できる人はあまりいませんよね。

さらに言えば、自転車をこぐときに

「右足に力を入れてペダルをこいで、、、」

「右足のペダルが一番下に来たから、今度は左足に力を入れてペダルをこいで、、、」

のように頭で理解して自転車をこぐ人はいませんよね。

つまり、感覚的に自転車をこいでいるのです。

ですが、自転車は誰もが自然に乗れるようになるのではなく、子供のころに自転車の乗り方を練習して、何度も転んでようやく乗れるようになります。

乗れるようになったのは「感覚的」であって、乗り方そのものを「理解」しているわけではないのです。

そもそも乗り方を「頭で理解」しても、実際に体に染み込ませないと(つまり感覚的ということ)自転車には乗れるようになりません。

潜在意識の書き換えも同じです。

ぜひ、頭で理解していなから先に進まない・・・と無意味に書き換え期間を延ばしてしまうのではなく、とりあえずでいいので感覚的にやってみてくださいね。

最速期間の方法2:素直に受け取る

教わった潜在意識の書き換えの方法については、「素直に受け取る」ことが大切です。

潜在意識の概念は、誰かから教えてもらわないと分からない領域で、あなたにとって知らない世界。

知らない世界に突入するときに、人間は今まで培ってきた知識や経験に基づいた持論を持って反発するときが往々にしてあります。

「自分ではこう思うんだけど」

「それって意味なくない?」

・・・など、自分の価値観で物事を判断してしまいます。

ですが、潜在意識の書き換えというものは、あなたの今までの人生で想像もしなかった全く知らない世界です。

常にあなたの中に潜在意識があるのにも関わらず、まったく気が付きませんでしたよね?

知らない世界へ突入するのに、今までの経験や知識をもとにした持論なんて意味ありません。

というか、邪魔です。

反発しても最速期間になるどころか、長期間やっても絶対に書き換わりません。

ぜひ反発せずに、素直に受け取るようにしてくださいね☆

最速期間の方法3:無難な選択を選ばない

潜在意識を書き換える大きな目的は、「今までの人生と違ったものにするため」ですよね。

今までの人生と違ったものにするには、今まで選択してきたような選択をしてはいけません。

自分にとって、自分の範囲を超えた選択をするようにしてください。

たとえば、

  • ミーティングでいつも発言しないのなら、発言してみる。
  • いつもだったら断ってしまう仕事を受けてみる。
  • 自分がやったことのないことをやってみる。

自分の範囲外のことをやるとすごく疲れます。

自分の範囲内のことならどうすれば成功するのか筋道を立てられますし、大きな失敗もしません。

ですが、自分の範囲を越えないで無難な選択だけをしていたら人間としてアップデートしません。

ウーバーイーツの配達だけを1万回したところで、人間的にはほとんど何もスキルアップしないのは想像つきますよね(納得できなかった人は書き換えは難しいかもしれません)。

ぜひ自分の範囲を超えたことにチャレンジしてください!

潜在意識の書き換えを実行したあなたなら恐れることは何もありません。

これが書き換えを最速で行う秘訣です。

潜在意識の書き換えで疲れや好転反応は出るのか?

結論から言うと、潜在意識の書き換えで疲れや好転反応は出ます。

「好転反応」とは東洋医学で使われる言葉で、治療する過程で体に生じる一時的な症状のことを言います。

潜在意識の書き換えを行うことによって、以下の好転反応が生じます。

  • 疲れ
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 熱っぽい
  • 体調不良

などなど、風邪のような症状が出ます。

疲れなどの好転反応は潜在意識の書き換えが順調に行っている証拠なので、とても喜ばしいことなのです。

好転反応は1週間以上続きますね。

反対に好転反応が出ない人は、もしかしたら潜在意識の書き換えが上手くいっていない・・・かもしれません。

自分の範囲を越えていないので、疲れなどの好転反応が出ていない可能性があります。

その場合は一人で潜在意識の書き換えは出来ないと判断できますので、セミナー受講や個別指導などを検討した方がよさそうですね。

なお、下で詳細を記載していますが「落ち込み」は好転反応ではありません。

潜在意識の書き換えに完全に失敗しています。

潜在意識を書き換えた結果、落ち込みが生じたときの対処法

潜在意識を書き換えた結果「落ち込み」が生じるのは、完全に失敗です。

というか、まったく書き換えが行われていません。

もっと正確に言うと、「落ち込み」が生じても3秒くらいで「落ち込み」の感情が心の中からキレイさっぱり無くなります。

そもそも潜在意識の書き換えというのは「自分と向き合って成長すること」です。

自分を磨こうとする人がなかなか成長しない原因は「自分の短所に目をつぶっている」ことにあると言われています。

潜在意識の書き換えでは、自身の「ポジティブな部分」を見つめるのと同時に「ネガティブ・短所の部分」にも向き合います。

自分の「ネガティブ・短所」を直視すると、その部分は「落ち込むこと」なのではなく、自分らしく生きるためにアップデートさせるべき部分という捉え方ができるのです。

また、日常での失敗についても、その部分をアップデートさせる必要があるということが分かるだけで「落ち込み」が生じることは無くなります。

したがって潜在意識を書き換えたのにかかわらず「落ち込み」が生じるということは、潜在意識を書き換えられていないか、間違った情報を実践してしまったのではないでしょうか。

それを解決するためには、セミナー受講や個別指導などで正しい知識のもとで潜在意識を書き換えることをオススメします。

まとめ

今回は、潜在意識の書き換え効果の中で特に注意してほしい以下の3つのポイント

  • 潜在意識の書き換えの期間は2週間?
  • 潜在意識の書き換えで疲れや好転反応は出るのか?
  • 潜在意識を書き換えた結果、落ち込みが生じたときの対処法

についてお話しました。

潜在意識の書き換え期間は2週間以上ですが、潜在意識を書き換えて効果が出たとしても常日頃から意識していないとだんだん元に戻ってしまうので注意が必要です。

潜在意識の書き換えた結果、疲れなどの好転反応は出ますが、それは書き換えが順調に行っている証拠ですので安心してください。

その一方で「落ち込み」が生じた場合は、潜在意識の書き換えが上手く行われていないというか完全に失敗です。

セミナー受講や個別指導などにより正しい知識で潜在意識の書き換えを行うことをオススメしますね。

潜在意識の書き換えというのは「自分と向き合って成長すること」ですので、頑張ってぜひ人生をアップデートしてみてくださいね☆

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました