Clubhouse(クラブハウス)の危険性を徹底調査!電話番号のセキュリティは万全?

Clubhouseのトラブル対処法

今やSNSの代名詞になりつつあるClubhouse(クラブハウス)。

Clubhouseはとても楽しい音声SNSですが、その裏側にはさまざまな危険性がひそんでいるのもまぎれもない事実。

招待制や電話番号などの個人情報のセキュリティに問題点はないのでしょうか?

実際詐欺被害が発生しているのも事実です。

あなたには被害者になってほしくないという思いから、Clubhouseの危険性をまとめてみました。

スポンサーリンク

Clubhouse(クラブハウス)の3つの危険性

Clubhouseの危険性はさまざまな角度から指摘されているんです。

すでに被害に遭ってしまった人も続出している状況です。

Clubhouseの危険性は以下のように大きく3つあります。

  • 招待詐欺が発生している。
  • 電話番号の個人情報が悪用される。
  • 差別や誹謗中傷が起こる。

それでは、危険性についての詳細をお伝えしていきますね。

Clubhouseの危険性1.招待詐欺が発生している。

日本で話題になってからすでにClubhouse(クラブハウス)を使った詐欺が発生しているんです。

それは「招待詐欺」。

現在Clubhouseに参加するためには、すでにClubhouseに参加しているユーザーから招待コードをもらう必要があります。

知り合いから招待コードをもらえれば簡単なのですが、普通の人は周りに招待コードを持っている人がいない状況です。

招待コードを入手するためには以下の手段があります。

  • ツイッターなどのSNSで募集をかける。
  • ヤフオクなどの売買サイトで招待コードを購入する。

これらの方法は、招待コードを教えると言ってお金を支払わせ、その後ブロックして連絡を取れないようにしたりする詐欺が可能であることです。

相手はどこの誰なのかわからない第三者なので、ブロックされたり連絡を返してもらえなければ、二度と相手と連絡がつくことはありません。

アカウントを消して逃げる場合もあります。

以下のツイートは、実際に「招待詐欺」の被害に遭われた方のツイート。

招待コードの代金をPayPayで支払った後にすぐにブロックされ、アカウントを消して逃亡されたという詐欺被害です。

https://twitter.com/PadChanhata/status/1355189394160840709

それに加え、ツイッター上では招待コードの代金を支払ったにもかかわらず逃亡されるという詐欺被害が多発しているとの声も相次いでいます。

https://twitter.com/hr_ymtw/status/1354777650242281478

Clubhouseが現在の招待制を採用している限りこのような詐欺被害に遭うという危険性が残るままというのは容易に想像できます。

筆者は実際にツイッター上で「これは招待コードの詐欺の可能性が高いのでは!?」というツイートも発見しました。

Clubhouse招待してあげるから電話番号教えて! 電話番号教えて!!! 早く教えて!!!!
「どこ住み?Clubhouse招待するから電話番号とLINE教えて?」
Clubhouseの招待枠がまだあります。ご希望の方(電話番号教えてもいいよという方のみ)はご連絡下さい!

ざっとツイートを見ただけでもこのように招待コードの詐欺なのではないかと思われるコメントが見つかりました。

顔の見えない第三者に代金を支払う場合は危険性を認識して本当に注意してくださいね☆

スポンサーリンク

Clubhouseの危険性2.電話番号の個人情報が悪用される。

Clubhouseの危険性はほかにもあります。

それは、電話番号を悪用されてしまうということです。

Clubhouseは招待を受けるために電話番号を相手に教える必要があるのはご存知のとおり。

ですが、たとえ電話番号を教えて問題なく招待してもらえたとしても、電話番号を悪用されてしまう可能性があるのです。

電話番号はとても貴重な個人情報です。

懸賞サイトに応募するときや、アンケートなどに回答した際に「電話番号」を記入するのはとてもためらいますよね。

それは電話番号が悪用されるおそれがあるからですよね。

Clubhouseに招待してもらうために電話番号を教えますが、アンケートに回答するときと同様、電話番号が悪用される可能性は否定できません。

悪用されると、以下のことが想定されます。

  • あなたの電話番号にマルチ商法などの電話がかかってくる。
  • 電話番号を個人情報で売買される。
  • 電話番号を詐欺の犯人などに悪用される。

実際、ツイッター上では、電話番号を悪用されるのではないかと指摘されています。

https://twitter.com/kazu_start_up/status/1355070923787825155

招待コードと引き換えに「電話番号」という大切な個人情報を悪用されてしまう危険性があるので、電話番号を教えるときは本当に注意してくださいね☆

Clubhouseの危険性3.差別や誹謗中傷が起こる。

Clubhouseは、Roomという密閉された空間が用意されていますので、ヘイトスピーチなど、差別的な言葉が横行するという危険性があります。

すでにアメリカでは、人種差別や女性差別に関する発言が指摘されているほどです。

日本では人種差別などは起こりにくいと言われていますが、Twitterなどでは心無い誹謗中傷が日常茶飯事ですよね。

Clubhouseにはガイドラインがあり、他のSNSと同様にヘイトや誹謗中傷は禁止されています。

ですが、閉鎖空間なのでそのようなことが行われる危険性が否定できません。

https://twitter.com/unkoBNY/status/1355136532470878215

まとめ

Clubhouse(クラブハウス)の危険性について、電話番号のセキュリティも含め調査しました。

Clubhouseの危険性は大きくまとめると、以下の3つが挙げられました。

  • 招待詐欺が発生。
  • 電話番号の個人情報が悪用される。
  • 差別や誹謗中傷が起こる。

Clubhouseはとても楽しく使える反面、以上のようなリスクもあり、実際に被害者も続出しているので、気をつけて使ってくださいね☆

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました